discography

 

2011.7/10 release 1stALBUM

「NOTE TONES」 (32:58)

 

 収録曲

 1.会いに行くまで (2:43)
 2.話の途中 (4:18)
 3.まどろみ (4:01)
 4.オンリーナイン (3:27)
 5.船旅 (3:44)
 6.夜を灯して (5:40)
 7.パーティーの終わり(4:08)
 8.街 (4:53)

2000yen(税込み価格)

初アルバム。

日々持ち歩くノートに綴られる言葉への集大成として

タイトルは「NOTE TONES」と名付ける。

70年代のSSWへの憧憬と普遍性を追求した楽曲に、

愛好する文学から培われた言語感覚によって紡がれる詩が混ざり、

聞くものを遠くへ誘うような強い力を持つ。

近年関西で活動するオーガニック系のアーティストと共振する中、

アルバム制作のプロデュースにTHAMIIを迎える。
 

2018.3/7 release 2nd ALBUM

「球状するダンス」(45:24)

 収録曲

 1.流れ者 (3:10)

 2.川辺の話 (3:11)

 3.群青 (4:17)

 4.吹く (2:40)

 5.renge (3:59)

 6.interude (2:33)

       ~ある記憶の断片~

 7.umbrella (3:57)

 8.銀夜 (4:03)

 9.しゃっくり節 (3:52)

 10.僕など (4:52)

 11.ヤマとカワ (4:32)

 12.outro(遠い子守唄)(3:56)

2500yen(税込み価格)

 

前作のアコースティックなサウンドとは、一線を画す多彩な音像、表現力に

磨きのかかった歌に、小説のような散文的な言葉が乗り新境地を開拓した。

作者なりのポップスの再定義を試みた意欲作。セルフプロデュース。

「いろんなところで買えますが、ライブ会場とAmazonは確実に買えます。

フォーク、シティポップス、朗読、ラップ、なんでもござれな球状乱れ咲き、

己の祭みたいなアルバムです。ぜひ聴いてください。」

「青木拓人『球状するダンス』へのレビューをありがとうございます!」

       以下のサイトから読むことができます。

 ☆ 関西を拠点とした音楽メディア/レビューサイト「ki-ft(キフト)

           http://ki-ft.com/

  現在関西音楽帖【第12回】~PICK UP NEW DISC REVIEW~

        By: 関西拠点の音楽メディア/レビューサイト ki-ft(キフト)

          2018/04/21

          カテゴリー: Disc Review

         Tags: さとうもか, ペペッターズ, 一行あけて, 清水煩悩, 青木拓人

         http://ki-ft.com/music/kansai-pick-up-new-disc-review-vol12/

☆ FM  OH!(85.1)なんMEGA!で、奥ボウイさんが、5月4日

「銀夜」を紹介してくださいました。ありがとうございます。 

       https://twitter.com/nanbilly

 

 僕の盟友である文筆家キクチ・ヒサシがアルバムのレビュー

 を書いてくれました。

 http://www.kikuchihisashi.com/music/aokitakuto/kyuujyousurudance/